SSブログ

耳が痛くならないマスク補助紐 [Handicraft 手芸]

マスク補助紐.jpg

 ある方が「耳が痛くならないマスクを使っても耳が痛い」とおっしゃっていました。
 そこで耳に力がかからないように補助紐を作ってみました。これ一本あれば色々なマスクに使えます。紐は最初ストッキングのウエスト部分を細く切ったものを使っていましたが手芸店でウーリーテープというものを売っていたので使ってみました。少し伸縮のあるものなら何でもよいと思います。
 写真の下はカニカンが一つのタイプです。
 耳が痛いと自覚がなかった私でも長時間使っていると耳に負担を感じていました。これを使うとそれが無くなりました。
 
◆材料
 ・ウーリーテープ(ゴム紐、ストッキングウエスト部分など)18㎝くらい
 ・カニカン 2個
 ・二重カン(ダブル丸カン)2個
 
◆作り方
 1.カニカンに二重カンをつける。2組作る。
 2.ウーリーテープに1を2つ通し本結びで結ぶ。
 3.紐端をライターで炙る。

◆使用方法
 1.補助紐のカニカンをマスク紐にかける。
 2.マスクを被る。
 3.耳にマスクをかける。(マスク紐は耳の後ろに掛らないので痛くない)。
 4.後ろの髪の毛を補助紐を隠すように整える。

↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

↓よろしければクリックお願いします。結び・アジアンノット
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 結び・アジアンノットへ

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

立体マスク 手ぬぐいの柄を活かしたい場合 作り方 型紙 [Handicraft 手芸]

立体マスク 手ぬぐい.jpg
 立体マスクの基本的な作り方や型紙はこちらを参照してください。
 手ぬぐいなどで作る場合、上記の作り方では模様が透けてしまうので少し工夫が必要です。柄がある場合は二つ折りにせず、図のように表布2(白)、表布1(柄)表布1(柄)、表布2(白)の順で重ねます。表布1(柄)は中表になるように重ねます。
基本の作り方と異なる部分のみ図にしました。
 表布の最後の始末は三つ折りにするので、表布1は脇を長めに取ります。
立体マスク手ぬぐいの場合.png
↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

↓よろしければクリックお願いします。結び・アジアンノット
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 結び・アジアンノットへ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

本結び(真結び)Reef Knotの結び方 解き方 [How to tie a knot 結び方]

真結び(本結び)結び方.png

↓よろしければクリックお願いします。結び・アジアンノット
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 結び・アジアンノットへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マスクケース 作り方 型紙 [Handicraft 手芸]

マスク入れ.jpg

右は市販のマスクが入る大きさです。
左は手作りの立体マスクが入る大きさです。

◆材料
 ・ナイロン生地
 ・アメリカンホック一組
 
◆作り方
 1.図のように裁断し、両端にジグザクミシンをかける。
 2.図のように畳む。
 3.両端を縫う。蓋の形を丸くしてもよい。
 4.図のように2回ひっくり返す。
 5.角を目打ちなどで出して整える。
 6.アメリカンホックをつける。
作り方マスクケース.png

↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

↓よろしければクリックお願いします。結び・アジアンノット
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 結び・アジアンノットへ

nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

立体マスク ストッキング利用 作り方 型紙 3つのサイズ 子ども用あり [Handicraft 手芸]

立体マスク3サイズ.jpg

 生地は晒の他、綿100%の平織りの薄手のものが使えます。手ぬぐいやハンカチでも大丈夫です。
 表布2重、内布2重の4重になっています。洗濯すると縮むので、作る前に水通ししておきます。

 ゴムを通す部分は、わの部分を使って2つ折りにしています。3つ折りにするより柔らかくできるのでギャザーがきれいに出ます。

 今は細いゴムが入手困難なようですね。ハンカチを三つ折りにしてストッキングの輪切りを通して両端を畳むという簡易マスクを教えていただきました。その知恵をお借りしてゴムの代わりにストッキングの輪切りを使ってみました。輪切りの幅は5cmくらい幅広にした方がいいようです。幅を細くすると輪が細くなり伸縮性も弱くなります。ストッキングのひざ下の部分は丁度よい長さになりますが、
腿の部分は長くなるので短くして本結びで結ぶとよいと思います。

 型紙を写すときに上下のどちらかに印をつけておくと表、裏を重ねるときにわかりやすいです。私は上に〇印をつけています。

◆材料
 ・綿薄手平織り生地
 ・細いゴムまたはストッキング輪切り2本
 
◆作り方
 1.表布2枚各々を「わ」にして折る。
 2.内布2枚各々を「わ」にして折る。
 3.1の型紙①部分をぬう。
 4.2も同様に型紙①部分をぬう。
 5.3、4の縫ったところを割り、両端にステッチをかける。
 6.表布、内布の中心をそろえて中表に合わせ上②下③の部分をぬう。
 7.ひっくり返してアイロンで整え、上下にステッチをかける。
 8.両脇を折り返して縫う。
 9.ゴムを通し、結び目を脇に本体脇に隠す。
 <ストッキング輪切り利用の場合>
  8~9の工程は、
  ※ストッキング輪切りを延ばし、折り返しに挟み込み
   ストッキングを縫わないようにまつる。
立体マスク 作り方.png
◆型紙
立体マスク型紙100%.png
立体マスク型紙90% 80%.png

↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

↓よろしければクリックお願いします。結び・アジアンノット
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 結び・アジアンノットへ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー