So-net無料ブログ作成

結びのジグ [How to tie a knot 結び方]

結びには特別な道具がなくてもできるものと複雑でコルクボード上に紐を固定しピンで留めながら完成するものがあります。
複雑な結びを何回も結ぶのであればジグを使うと便利です。
ジグは市販もされています。



但し、これらは結びの種類が限られています。
ジグは自分で簡単に作りことができます。厚さ1cmくらいの板の上に結びの完成図(紐の上下関係がわかるもの)を置き、厚めのビニールを敷いて要所に釘を打ったものです。
釘は頭の出っ張りが小さいものを使います。大きいものは結びの完成後、紐を外しにくいからです。
結ぶときは図にそって紐を渡していきます。紐はピンセットや紺子のような道具で潜らせると結びやすいです。
以下の結びジグは錦結び(團錦結)の8角のものです。
knots-jig.jpg
↓↓↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 結び・アジアンノットへ

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 2

fogliolina

便利なものがあるんですね。
でも、これを使っても難しそうな結び方ですね!!
初心者の私にはまだまだ難易度が高そうです。
by fogliolina (2009-05-17 02:14) 

どんぐり

fogliolinaさん、こんにちは
複雑な結びを考えた昔の人はすごいですね。

by どんぐり (2009-05-17 18:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。