So-net無料ブログ作成

中身が見やすいポーチ 作り方 型紙 [Handicraft 手芸]

見やすいポーチ.jpg
中身が見やすく取り出しやすいポーチです。

.◆材料
 ・表布:18㎝*15.5㎝ 
 ・縁布(表布と同じ布):3.5*17.5㎝(バイアス)2枚
 ・内布:15.5㎝*12.0㎝
 ・キルト芯:18㎝*15.5㎝ 
 ・14㎝ファスナー:1本

◆作り方
 ※型紙を写すときは縦横すべての中心を忘れずに描きます。
 1.表布の表に型紙を写し、キルト芯を後ろに当てて、中心を十字にし付けをしておく。
 2.型の内側にキルトする。線から出ないように5㎜くらい内側で留める。
 3.写した型紙どおりに切る。
 4.中心同士を合わせて縁布を表布の曲線につける。(包むのは表側のみ)
 5.ファスナーの裏に中心の印をつけ、表布の曲線の中心を合わせファスナーをつける。
 6.ひっくり返して2つ折りにしてファスナー留りから端までを細かく巻きかがりで縫う。
 7.折線で折ってマチを割って縫う。表の出来上がり。裏返しのままにしておく。
 8.厚紙に写した型紙を当て、内布の曲線部分をアイロンでくせをつける。
 9.内布の脇を縫い、7と同様、マチを縫う。
 10.9をひっくり返し、7に着せる。曲線部分の中心を合わせ、表に出ないように纏る。
   返して出来上がり.
見やすいポーチ作り方1.jpg
見やすいポーチ作り方2.jpg
見やすいポーチ作り方3.jpg
見やすいポーチ作り方4.jpg
見やすいポーチ作り方5.jpg
見やすいポーチ作り方6.jpg
見やすいポーチ作り方7.jpg

◆型紙
ポーチ中身がよく見えるポーチ(14cm).png

↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

八坂紋結びの結び方 [How to tie a knot 結び方]

八坂紋結び.jpg

八坂紋結びの結び方です。紐の内外がわかるように2色で説明しています。
下記の結びの工程で使った紐の長さは紐直径2㎜に対し、1.5mです。各々75㎝の2色を中央で繋いでいます。)
ここで使っているクリップの名称が知りたいのですが検索しても出てきません。
明和産業の商品のようです。ホームセンタで売っていたのでが名称をみてこようと思います。
→ホームセンターではバチ型クリップという名称で売られていました。

【1】2本どりで輪を4つ作ります。クリップを使うと便利です。
   4番目の輪に3番目の輪を入れます。
【2】3番目の輪に2番目の輪を入れます。
【3】2番目の輪に1番目の輪を入れます。
【4】紐端2本を図のように差します。
【5】紐端2本を差し戻します。
【6】5枚目の花びらを作ります。
【7】クリップを外して形を整え,裏に返します。
【8】赤紐1本を左回りに花びらに縫うように潜らせます。
【9】中央の輪を割るように潜らせます。
【10】最後は5が奇数なので変則的なります。左回りに一周しました。
【11】青紐1本を右回りに花びらに縫うように潜らせます。
【12】中央の輪を割るように潜らせます。
【13】上に出ます。
【14】下に入ります。
【15】上に出て右回りに一周しました。
【16】表に返して形を整えて、出来上がり。

八坂紋結び1-5.png
八坂紋結び6-8.png
八坂紋結び9-11.jpg
八坂紋結び12-14.jpg
八坂紋結び15-16.jpg


↓よろしければクリックお願いします。結び・アジアンノット
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 結び・アジアンノットへ
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー